フィラリア症を予防するにはフィラリア予防薬を正しく投与!

予防する方法とは?

カプセルや錠剤を手に取った様子

フィラリア予防薬を投与することで確実に予防することができるのですが、投与方法や注意点などもあります。ここではフィラリア予防薬を投与する際の投与方法と注意点について紹介していきます!

適切な量が大事!

オレンジの薬のシート

フィライリア症は、フィラリア予防薬を投与すれば確実に予防することができるので、忘れることなくしっかり投与するようにしましょう。ここでは医薬品の選び方について紹介していきます!

安く購入するには?

緑のシートに入った白いカプセル

フィラリア予防薬を安く購入するには、やはり個人輸入代行を利用するのが一番安いでしょう。病院へ行って購入するよりも安く購入することができる理由について、ここでは詳しく紹介していきます!

人気記事

中身がわかる青と透明のカプセル 「フィラリア症を予防するにはフィラリア予防薬を正しく投与!」の人気記事です。

どんな病気なのか?

綺麗に並べたカプセルや錠剤

フィラリア予防薬を投与することで確実に予防することのできるフィラリア症の正体とは一体なんなのか知らない人も多いですよね。
まず、フィラリア症とは寄生虫が体内で幼虫から成虫へと成長を続けていき、最終的な住処を心臓や肺動脈にすることで犬や猫の命を奪っていく病気のことを言います。フィラリア症の正体は寄生虫です。寄生虫がどのようにして犬や猫の体内へ侵入するのかは、夏の温かい時期によく見かける蚊が原因とされています。
フィラリアをもつメスの蚊が、犬や猫の血を吸う際に侵入することで感染してしまいます。感染してしまうと少しずつ病気は進行していくので、早期に発見しづらいと言われています。寄生虫は体内で5〜6年にかけて成虫へと成長をしていきます。その間は、体内に寄生虫が住み着いていたとしても症状が現われる事がないので、気づかないうちに感染している可能性もあります。フィラリア症の病気が進行し最終段階まできてしまうと、犬や猫は手術をしなくてはいけません。犬の場合は、手術に耐えうる体力が残っていれば成功する可能性もありますが、猫の場合は、まだはっきりとした治療方法が見つかっていません。猫の手術をする場合には、犬よりも臓器が3分の1ほど小さいため、非常に難しい手術になります。猫の最善策は、やはり予防することが一番だと言えるでしょう。猫でも犬でもフィラリア症の予防薬を正確に投与すれば、必ず予防できる病気なので確実に予防してあげるようにしましょう。なお、フィラリア症の予防をする際には、感染していないかの検査を受けてから投与するようにしましょう!

↑ PAGE TOP